舞台と推しとあれそれ

若俳オタクです

推し事がある幸せ、現実の辛さと金

 

お久しぶりです。

5月に推しの舞台を観に行ってからそれ以降のお仕事が発表されてなかったけど先日発表された。

某舞台が中止になったから急遽決まった配役なんだろうなと思った2.5舞台に出演する。運営もバタバタしてる感じでこの間やっと顔合わせがあって稽古真っ只中らしい...あんまり出番ないんだろうけどなかなかやらないであろう役なのでちょっと楽しみ。

 

と、思っていたのも束の間。

今月はなんと情報解禁ラッシュで9月までのお仕事が発表された。すごくすごく嬉しい。けど厳しいのはチケット支払いが今月末に集中している事だ。舞台2つとイベ一つの申し込みをしているため諭吉さん10人ほど出ていかれる...地方学生にとってはかなり辛い。これプラス夏休みになるので宿泊先や交通機関も今取っておかないと無くなるしお金が...。基本でやってるバイトとは別に在宅バイトも始めメル○リで二次グッズや使わなくなったものを売ってなんとかやり繰りしているけどここまで追い詰められたのは初めてだ。

 

推しを観る為に自分が苦しくても耐えれるけど最近友人からやけに口を突っ込まれる。

「あんたマジやばいよ?」

あーーーこれ聞いた!3年前にも違う友人に言われた!!!(過去記事推奨)

給料入ったらほぼ全部推しに使ってしまう。私は別にTOでもガッツでも金積んでる理由でもないから中途半端な立ち位置で呆れられているのが恥ずかしい。まぁ多分わたしの言動もあると思う、口を開けばすぐ推しくんが、推しくんがだもんな。イキり茶の間でごめんよ。

 

この世の中全て金。

 

最近、この界隈で借金額がどれ位なのかアンケされてたけど割としている人がいるんだと少し安心。(安心していいのか?)やっぱり現実より推しや舞台に気持ちが先行して理性なくチケット買ってる感じはある。

私はクレカを持っていないため母に買ってもらった後、その場で母にお金渡している。今回みたいにチケ発が重なると払えない時があるからその時は次の給料日にまとめて支払うようにして、なるべく借金をしないよう頑張っている...。前に1度、母にクレカを作りたいと言ったら絶対に駄目だと怒鳴られてしまったのでこの散財癖が治るまでは持つことはないだろう。

 

下世話な話で申し訳ないけれど正直みんながどうやってやり繰りしているのかは気になるところ...参考にしたいのでぜひ教えてください...。

 

 

 

 

就活真っ只中でなかなかに病んでるけど早く内定貰ってバイトいっぱい入って推しが急にバスツアー開催してもいいように貯金するのが目標。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢中になるという事

先日、推しのイベントに行ってきていろいろと考える事があったので綴ろうと思う。

それと過去記事をほぼ消した。絶賛病み期な為、特に意味は無い。

 

 

久々の接触イベントは凄く楽しかった。まぁ接触がメインのイベントじゃなく別の内容がメインだったのだけど推し達がただただ面白くてずっと笑っていて充実した1日だった。

そのイベントが終わってから思わぬ私信をもらえた。生きてるうちにこんな幸せがあっていいの?私死ぬのでは?って感じの事も起こった。

帰りの新幹線では胸がずっと苦しくて好きだなって改めて思ったし、推ししか応援しないって心に決めた。

 

それで本題。

その出来事を友達に話していたら「推し変してからの〇〇ちゃん本当すごく楽しそう。良かったね。」と言われた。これは他の友達からもよく言われる事なので本当にそうなんだろう。でも自分からすれば推し変の前は辛さ半分、楽しさ半分だったから辛さ9割、楽しさ1割という現状がある今の方が辛いししんどい。

そしてTwitterのリア垢(俳優オタと二次オタしかいない)で散々イベの事や推しの事について語っていたら「のめり込み過ぎて心配なんだけど」って別の友達に言われた。いや、これもよく言われる事なんだけど...。

推し変前、かつての友人に「〇〇ちゃんが〇〇くん(元推し)に全力すぎてこのまま破綻しちゃうじゃないか?悪い方向に物事が進むんじゃないか?って〇〇ちゃんがボロボロになりそうで心配なんだよ」って言われた事がある。こんなに優しい子を裏切りたくないと思って遠征を控えたりした時期もあったけど、その子と疎遠になり推し変してからは反動で遠征しまくってる。ほんとクズだなって自分でも思ってる。

自分は不器用だから好きになったらその人しか見えないし、他の物事は全く興味が持てなくなる。ちょっと今月使いすぎたから来月はほどほどにしようって決意をするがそんな決意も虚しく彼のお仕事が発表されればチケットを取ってしまう。

そして今回のイベは特に何も無いしプレはケア用品だけでいいや〜なんて思ってたのに気付いたらadidasで稽古着買ってた。推しの事になると自制が効かなくなって甘くなって周りが見えなくなる。無我夢中って恐ろしい。

 

「趣味だから」って割り切れればどれだけ楽になるだろう。私も自分の人生を決める時だし控えたい、夢中になるんじゃなくて楽しい事として捉えたい。どうやったら出来るんだろう。

 そんな事を書いてる矢先に推しが出演するはずの舞台が中止になった。内容からするに正しい判断だったと思う。けどやっぱり楽しみにしていたし悲しい。当たり前に行われてる事は当たり前じゃないんだと思うと益々、今しか観れないとのめり込んでしまう。

 

推し事は来月で一旦お休みになるから自分を見つめ直すいい期間になるかもしれない。

友達にいろいろ相談して改善できたらいいな。

 

 

 

推しも言っていたように目の前の事を全力で頑張り応援しよう。

 

 

 

好きだという事実

先日、上演していた推しの舞台を観てから高揚が止まらない。心拍数がいつもより早く波打って四六時中、推しの事ばかり考えている。

自分はリアコだと再確認した。

 

昨年の接触イベでリアコにならざるを得ない出来事があってからずっと隠れてリアコを名乗っていたけど すきつの〜 とか すきあふ〜 とかで茶化せないほど今回の舞台で好きになってしまった。

今まで、はてブロを更新していてリアコである事を書こうか迷っていて書かなかったけど匿名だしこの気持ちを発散しないとどうにかなってしまいそうだし書くことにした。

 

なんで推しはこんなにカッコイイんだろう。今何してるのかな。早く次の現場行きたい、会いたい。と思ってよく溜め息をつく。恋煩いかよ。

今日のバイトだってシフトを入れた自分を恨むくらい行きたくなかったのに、そんな気持ちで働くと苦じゃなかった。推しはこれより大変な仕事をしてるんだ、働けば推しに会えるって。本当に単純。

 

推しはかっこいい。板の上に立つ彼はとても楽しそうに芝居をしていてキラキラしてる。そんな素敵な彼を見ると心が痛くなって涙が出る、それと同時に好きだなと、好きになって良かったと抑えられない気持ちが溢れてくる。

推しはこんなにもかっこいいのに何故みんなは観ないんだろう?興味を持たないんだろう?と不思議になるけどファンは増えて欲しくないと邪心が渦巻く...非常に面倒な感情だ。

実際、彼のファンは増えただろう。今回の舞台でTwitterのフォロワーが200人近く増えていたし、リプ欄にも見慣れない新規がたくさんリプしていた。

そして今までのファンは今回初めてお花が贈れる舞台に出演したため沢山のお花が届いていた。主演だっけ?と勘違いするくらいのお花が。嫌でも同担の存在を知らされるので辛かったけど、皆も同じように好きになるよね、推しカッコイイもんね、仕方ない。

 

まぁ何が言いたいかって言うと別にないんだけど好きすぎて辛いってやつ。

普段頻繁にSNSを更新しない推しが1日でたくさんの更新をしてくれたおかげで供給過多です。はぁ、と溜め息をつき好きだなぁとキャパオーバーに。

一応、隔離垢を作って呟いたり、昔からのフォロワーさんに通話して話しを聞いてもらったりして捌け口は作っているけど治まらない。困った。

 

自分は同担拒否をしていると過去記事で書いたけど最近、現場にぼっちでいるのが辛くなってまた同担と繋がり始めた。同担が集団で固まってるのを見ると怖くて楽しめないし。今のところ苛立ちも嫉妬心も芽生えてないから同じスタンスの人となら繋がれるのだと分かった。リアコなのは隠さないとだなぁ...。

 

リアコって結局何なんだろう...考えれば考えるほど分からないしどう生きていけばいいのかも。とりあえず応援される側にとってこの気持ちは重いものだろうからそれを見せないようにオタクをしたい。

 

この記事で何かを伝えたいというのは無く、気持ちを整理出来たらと書きました。

オタクじゃない親友に、自分は俳優にガチ恋してると話したとき受け入れてもらえたのが何より嬉しかった。優しい世界。相談相手もできたので究極に病むことは無さそうだ。

 

 

 

 

 

次の現場は接触だし好きを募らせて推しを見てこよう...。

 

私のゆるい応援スタンスについて

初めまして、若俳オタクです。
昨年からはてブロを読み始めて自分でも書きたいと思いブログを開設しました。文章を綴るのは苦手なので更新度はかなり低いですが暇つぶし程度にできたらいいなと思っています。
 
さて、前置きはこれくらいにして早速自己紹介がてらやっていこうと思います!
 
 
▼まずは基本情報
・専門学生
・九州在住
・4ヶ月前に推し変した


推しについて

名前を出すのは何だか恥ずかしいので伏せますがアイドルしてたりテニスラケットを振りながら歌ったりしてた方です。

基本情報にも書いてあるのですが4ヶ月前に推し変しまして...まぁその話はまた後日ブログに書きたいです(やる気があれば)
因みに2.5次元舞台のプリンスって呼ばれている方を推していました。


▼好きになる基準

・顔と声
美人、柔和な顔で少し高めの声が好きです

・演劇に対する姿勢が見える
色々考察しながら観劇するのが好きなので役の作り込み具合だったりが読み取れると嬉しいです

主にこの2つですね...あとは少しどこか抜けてたり計算高かったりあざとかったりするとキュンとなります。


▼舞台を観に行く基準

まず前提に「観れるだけ観る」と考えていて全通など夢のまた夢です。学業優先にしているので予定が被れば遠征回数減らしたり断念したり。

推しが出ているものは必ず2回は行きます。
夜行バスで片道13時間かけて東京に行ったり飛行機乗ったり...大阪は専ら新幹線移動です。

九州公演は全通してます...といっても九州公演だと多くて4公演、少ないのは1公演とかだったりするので満足できそうになければ遠征します。
推しが出ていない舞台は九州公演があるので気になるのがあれば観に行きます。友達やフォロワーさんに誘われれば軽率に行きます(ただし遠征はしない)
テニスだけは作品自体が好きなので1回は必ず観るようにしています。


舞台以外のイベントなどに行く基準

イベント開催時にありがちな急な登壇や1ヶ月きってからの発表などを除いては行くようにしています。接触でも何でも行きます。
今の推しを本格的に応援し始めて日が浅いのでこれからたくさんイベントに行ければいいなと思っています。


グッズを買う基準

推しの舞台はパンフと生写真を絶対に買います。だいたい1個ずつ揃えば満足するので同じものを複数買ったりはしません。
ただトレーディング系はダメだと思いながら買ってしまいます学習能力皆無。
一つ前の現場がトレーディングの地獄で、なんとか推しのグッズは全部揃ったのですが家に大量のトレカがあります...。無限回収もしません。

推しが出ていない舞台は全く買いません、手持ち無沙汰になるので。


雑誌を買う基準

雑誌買ってもインタビュー内容とかぶっちゃけイベント行けば聞けるしネットニュースサイトでも見れるので買わないでいいかなと思ってます。ここは前推しで学習しました。付録がDVDのやつは買います。

動いてる推しの方が好き。


映像を買う基準

推しが出ている出ていない関係なく観劇をしてまた観たいと思ったら買います。作業中に見る、聞くことが多いのでミュージカル系優先で買っています。

 
プレゼント/手紙について

プレと手紙は時間があるときと特別な現場のときに贈ってます。

レタセはなるべく同シリーズのものを使い、本文は2〜3枚に収まるようにして封はせずにプレの中に入れてます。絵を描くのが得意なので便箋の空いたところにチョロっと役の絵を描いたりしてます。色紙だと邪魔だろうし。
プレは服やルームウェアとか大体20000〜30000円くらい。自撮りとか写真がなかなかSNSに載らないから確認しようがないけど学習しないから贈っちゃいます。そろそろプレのレパートリーが無いのでオススメがあったら教えて欲しいです(切実)


普段の行動

SNSは常にチェックしていて暇な時は推しの名前で検索をかけて何かの情報が出てないか見てます。
リプも送ってます。


同担について

拒否してます。同担の自慢を聞くと嫉妬するしトラブルが起こって現場で会うのも嫌だし。ただ最初から同拒してたわけじゃないので価値観の合う同担さんとは今も仲良くさせてもらってます。同担と繋がるメリットって少ない気がするしリスクの方が高い気がする。


総括

長々と綴りましたが私の応援スタンスはかなり緩いです。常にスケジュール帳と財布とにらめっこしてます。また今年は就活があるので現場に行ける回数が減ると思うとしんどいです。

 

こんな感じですかね!
何か思う事や面白そうな企画があれば記事を書こうと思うので宜しくお願いします。