読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台と推しとあれそれ

若俳オタクです

夢中になるという事

先日、推しのイベントに行ってきていろいろと考える事があったので綴ろうと思う。

それと過去記事をほぼ消した。絶賛病み期な為、特に意味は無い。

 

 

久々の接触イベントは凄く楽しかった。まぁ接触がメインのイベントじゃなく別の内容がメインだったのだけど推し達がただただ面白くてずっと笑っていて充実した1日だった。

そのイベントが終わってから思わぬ私信をもらえた。生きてるうちにこんな幸せがあっていいの?私死ぬのでは?って感じの事も起こった。

帰りの新幹線では胸がずっと苦しくて好きだなって改めて思ったし、推ししか応援しないって心に決めた。

 

それで本題。

その出来事を友達に話していたら「推し変してからの〇〇ちゃん本当すごく楽しそう。良かったね。」と言われた。これは他の友達からもよく言われる事なので本当にそうなんだろう。でも自分からすれば推し変の前は辛さ半分、楽しさ半分だったから辛さ9割、楽しさ1割という現状がある今の方が辛いししんどい。

そしてTwitterのリア垢(俳優オタと二次オタしかいない)で散々イベの事や推しの事について語っていたら「のめり込み過ぎて心配なんだけど」って別の友達に言われた。いや、これもよく言われる事なんだけど...。

推し変前、かつての友人に「〇〇ちゃんが〇〇くん(元推し)に全力すぎてこのまま破綻しちゃうじゃないか?悪い方向に物事が進むんじゃないか?って〇〇ちゃんがボロボロになりそうで心配なんだよ」って言われた事がある。こんなに優しい子を裏切りたくないと思って遠征を控えたりした時期もあったけど、その子と疎遠になり推し変してからは反動で遠征しまくってる。ほんとクズだなって自分でも思ってる。

自分は不器用だから好きになったらその人しか見えないし、他の物事は全く興味が持てなくなる。ちょっと今月使いすぎたから来月はほどほどにしようって決意をするがそんな決意も虚しく彼のお仕事が発表されればチケットを取ってしまう。

そして今回のイベは特に何も無いしプレはケア用品だけでいいや〜なんて思ってたのに気付いたらadidasで稽古着買ってた。推しの事になると自制が効かなくなって甘くなって周りが見えなくなる。無我夢中って恐ろしい。

 

「趣味だから」って割り切れればどれだけ楽になるだろう。私も自分の人生を決める時だし控えたい、夢中になるんじゃなくて楽しい事として捉えたい。どうやったら出来るんだろう。

 そんな事を書いてる矢先に推しが出演するはずの舞台が中止になった。内容からするに正しい判断だったと思う。けどやっぱり楽しみにしていたし悲しい。当たり前に行われてる事は当たり前じゃないんだと思うと益々、今しか観れないとのめり込んでしまう。

 

推し事は来月で一旦お休みになるから自分を見つめ直すいい期間になるかもしれない。

友達にいろいろ相談して改善できたらいいな。

 

 

 

推しも言っていたように目の前の事を全力で頑張り応援しよう。