舞台と推しとあれそれ

若俳オタクです

推し事がある幸せ、現実の辛さと金

 

お久しぶりです。

5月に推しの舞台を観に行ってからそれ以降のお仕事が発表されてなかったけど先日発表された。

某舞台が中止になったから急遽決まった配役なんだろうなと思った2.5舞台に出演する。運営もバタバタしてる感じでこの間やっと顔合わせがあって稽古真っ只中らしい...あんまり出番ないんだろうけどなかなかやらないであろう役なのでちょっと楽しみ。

 

と、思っていたのも束の間。

今月はなんと情報解禁ラッシュで9月までのお仕事が発表された。すごくすごく嬉しい。けど厳しいのはチケット支払いが今月末に集中している事だ。舞台2つとイベ一つの申し込みをしているため諭吉さん10人ほど出ていかれる...地方学生にとってはかなり辛い。これプラス夏休みになるので宿泊先や交通機関も今取っておかないと無くなるしお金が...。基本でやってるバイトとは別に在宅バイトも始めメル○リで二次グッズや使わなくなったものを売ってなんとかやり繰りしているけどここまで追い詰められたのは初めてだ。

 

推しを観る為に自分が苦しくても耐えれるけど最近友人からやけに口を突っ込まれる。

「あんたマジやばいよ?」

あーーーこれ聞いた!3年前にも違う友人に言われた!!!(過去記事推奨)

給料入ったらほぼ全部推しに使ってしまう。私は別にTOでもガッツでも金積んでる理由でもないから中途半端な立ち位置で呆れられているのが恥ずかしい。まぁ多分わたしの言動もあると思う、口を開けばすぐ推しくんが、推しくんがだもんな。イキり茶の間でごめんよ。

 

この世の中全て金。

 

最近、この界隈で借金額がどれ位なのかアンケされてたけど割としている人がいるんだと少し安心。(安心していいのか?)やっぱり現実より推しや舞台に気持ちが先行して理性なくチケット買ってる感じはある。

私はクレカを持っていないため母に買ってもらった後、その場で母にお金渡している。今回みたいにチケ発が重なると払えない時があるからその時は次の給料日にまとめて支払うようにして、なるべく借金をしないよう頑張っている...。前に1度、母にクレカを作りたいと言ったら絶対に駄目だと怒鳴られてしまったのでこの散財癖が治るまでは持つことはないだろう。

 

下世話な話で申し訳ないけれど正直みんながどうやってやり繰りしているのかは気になるところ...参考にしたいのでぜひ教えてください...。

 

 

 

 

就活真っ只中でなかなかに病んでるけど早く内定貰ってバイトいっぱい入って推しが急にバスツアー開催してもいいように貯金するのが目標。